お尻の黒ずみにピーリングのやり方と注意点

お尻の黒ずみにピーリングのやり方と注意点

お尻の黒ずみに効果的な治療法に、ケミカルピーリングがあります。
ケミカルピーリングは特殊な薬剤で、お尻にたまっている毛穴の汚れや古い角質を取り除くことができます。
お尻の黒ずみだけでなく、ざらつきなどの改善もできます。
皮膚が柔らかくなるので、その後に使う保湿クリームなどの入りも良くなります。
ケミカルピーリングは皮膚科でしか行えませんが、ピーリングなら自宅でも行うことができます。
ドラッグストアなどで売っているピーリング剤を使えば、自分でお尻の黒ずみケアができます。
ピーリングはフルーツの酸などが使われていることが多いです。
ケミカルピーリングより薬剤が弱いので効果は落ちますが、お尻の黒ずみには有効的です。

 

ピーリング剤は、乾いたお尻に使います。
黒ずみやざらつきが気になる部分に塗り、優しくマッサージをするようにこすりましょう。
力を入れると皮膚に刺激を与えてしまいますので、気を付けてください。
そうすると垢のようなものが、ぽろぽろと出てきます。
これがお尻に滞留していた汚れは古い角質です。
面白いように取れるので、病みつきになってしまう…なんて方も多いですよ。
不要なものが取れたお尻は、透明感が生まれ、ざらつきもなくなるでしょう。

 

ピーリングはお尻の黒ずみケアにはおすすめですが、注意するべき点もあります。

 

・やりすぎない
ピーリングは無理にターンオーバーを促すことになります。
肌の表面を削っていることになりますから、負担は少なくありません。
やりすぎてしまうと肌に刺激が強いので、気を付けるようにしましょう。
お尻の黒ずみを何とかしたいと、毎日使ってしまいたくなります。
しかし週に1度程度の頻度で行ってください。

 

・無理に使わない
肌が弱い人は、ピーリングにより肌トラブルが起こる可能性があります。
かゆみ、かぶれ、赤みなどが起きたときは、すぐに使用を中止しましょう。
治らない、悪化するというときは、医師の診断を受けてください。

 

ピーリング剤は自分で手作りすることも可能です。
よく用いられるのは、重曹です。
重曹に水を混ぜて、ペースト状にします。
水の量を調節して、好みの硬さにしてください。
それをお尻に塗って、優しくマッサージをしましょう。
重曹の粒子がスクラブ剤となり、お尻の汚れや古い角質を除去してくれます。
重曹は掃除用と食用がありますが、ピーリングに使うのは食用にしてください。
掃除用は粒子が荒く、こするとお尻への刺激が強すぎるからです。

 

またクエン酸と精製水でも、ピーリング剤を作ることができます。
クエン酸10g、精製水100rを目安に良く混ぜ、お尻に塗ってなじませます。
30秒?1分くらい経ったら、洗い流しましょう。
クエン酸も精製水も、ドラッグストアで購入することができます。

 

どちらも肌への刺激は少ない成分なので、敏感肌の方にはおすすめです。
市販のピーリング剤は刺激が強すぎる…という方は、手作りピーリングを試してみてください。