お尻ニキビの治し方の基礎知識

お尻ニキビの治し方の基礎知識

お尻はニキビができやすい部分です。
ただ普段自分で見ることが出来にくいため、症状に気づきにくいです。
早めにケアをすれば治りやすいのですが、気が付いたときにはかなりひどくなっていることが多いです。
その結果跡が残ってしまう…なんてことになります。

 

お尻ニキビは皮膚科などで治療をするのが効果的ですが、行く時間がない、どこの皮膚科に通ったらよいのかわからない、お金がかかるといった理由で自分でのケアを希望する方は少なくはありません。
それなら普段のスキンケアでも改善することを考えて下さい。
正しいケアをしてターンオーバーを正常化させれば、キレイなお尻を手にいられるでしょう。

 

【お尻ニキビの治し方】

 

・洗い方に注意
洗浄力の高いボディソープは必要な皮脂まで洗い流してしまい、潤いがなくなってしまいます。
またごしごしと力を入れて洗うと、刺激となりニキビが悪化しやすく、黒ずみも起こりやすくなります。
ニキビがあるお尻は肌に優しい成分の石鹸で、優しく洗うようにしましょう。
たっぷり泡立てて、泡で洗うようにするのがおすすめです。

 

・洗い残しに注意
シャンプーやリンスなどの成分がお尻に付いたままになっていると、それが刺激となりニキビになりやすくなります。
洗い残しが無いように、きちんと洗い流すように注意をしましょう。
シャンプーをする前ではなく、シャンプーの後に体を洗うようにしてください。

 

・肌に合ったものを使用する
乾燥すると肌のバリア機能が弱まります。
また乾燥すると毛穴が詰まりやすくなり、ニキビになりやすいです。
お風呂上りは、必ず保湿をするようにしましょう。
ニキビ用の化粧水などもありますが、肌には刺激が強すぎたり、乾燥しやすい場合もあります。
「ニキビ用だから良いはず」と思わず、自分の肌に合うものを使用するようにしましょう。
お尻ニキビのケアアイテムとして、人気なのはお尻専用の美容ジェル「ピーチローズ」です。
保湿成分と抗炎症成分により、ターンオーバーを正常化していきます。

 

・保湿剤や薬はきちんと塗るようにする
お尻は自分では見えにくく、肝心なところに塗れていないことがあります。
これではせっかく効果が高い保湿剤や、皮膚科で処方された薬を塗っても、なかなか効かない…となってしまいます。
手さぐりやカンではなく、鏡で見ながらが付けるのが良いでしょう。
また家族など、誰かの手を借りるのもおすすめです。
スキンシップの一環で、彼氏や旦那さんに塗ってもらっても良いでしょう。

 

・毎日続ける
スキンケアは1日行えば良いというものではありません。
毎日継続することが大切です。
お尻のニキビもケアを続けることで、少しずつ改善させることができます。
短期間で効果がでないから…と、ケアを中止してしまうのはダメです。
肌のターンオーバーは約28日周期ですので、最低でも1か月間はケアを続けるようにしましょう。
根気よく続けることが、お尻ニキビを治すコツにもなります。